サイトメニュー

うつ病治療と人気の士業

カウンセリング

リワークプログラムと障害年金の受給請求

たっぷり休養を取って精神科で治療を受けた場合、うつ病が治るにつれ、今度は休職期間が長引いたことで、スムーズに仕事へ復帰できるか悩むケースも少なくありません。そんな時にピッタリなのがリワークプログラムであり、これは円滑な職場復帰を目指す取り組みです。うつ病治療で大切なことには、孤独にならず、自分1人で問題を抱えて頑張らない、ということも外せません。そのためリワークプログラムでも精神医師や作業療法士などのスタッフは、心の通ったコミュニケーションで応対してくれます。また患者も個々で特性が違うため、その人にはどんなことが必要なのかを見極めて、それに適した医療を患者と選びつつ提供してくれるのです。なので、もらえると信じて請求した障害年金がもらえず、審査に落ちたことで障害年金うつ病とも呼べる状況になった場合でも、復職を目指せます。そして、リワークプログラムではセルフモニタリングトレーニングもあり、その目的は業務に不可欠な集中力を回復させることです。例えば、自分自身の年表などを作成して、これまでのできごとを見つめ直すなど、自己理解を深めたりもします。このほか、フィジカルトレーニングでは主に足腰の運動を行い、業務や満員電車通勤にも耐えられる体力を取り戻させてくれるのです。さらに、他人との接点を取り入れたグループワークトレーニングなど、障害年金うつ病を患った場合でも、順当に現場復帰できるメニューが用意されています。

いわゆる障害年金うつ病にならないための最善策が、障害年金の審査に落ちないことです。とはいえ初めての手続きでは、どう請求すれば良いのかも分からないなど、決して一筋縄でいくものではありません。そのうえ精神科に通院しながら年金事務所へ何度も通うことは非常に労力が要り、移動や待ち時間も含めれば時間も掛かります。しかも病歴申立書を自己流の書き方で作成した場合、審査の要点にかすりもしない内容ですと、障害年金を受給できるかも疑わしくなるのです。このため、障害年金を受給しようとする人々の間では、社労士が大人気になっています。とくにうつ病患者の障害年金請求に特化した社労士事務所は、豊富な実績とノウハウも蓄積しているため利用者が多いのです。例えばノウハウの1つには病歴申立書の書き方もあり、社労士は審査で重視される点を把握しています。つまり、審査に通るかどうか分からない申立書を提出するのではなく、審査に通すための病歴申立書を作成できるようになる訳です。医師の診断書でもその記述方法を支援してくれるなど、障害年金うつ病を未然に防ぐ手立てとして有効になっています。さらに過去の未払い分も受け取る場合なら数百万円の年金がもらえるケースもありますから、遡及請求手続きでも社労士の評判は上々です。

Copyright© 2019 精神病になった時に安心して利用できる制度 All Rights Reserved.