サイトメニュー

うつ病で障害年金を貰う

悩む男性

働きながら受給も可能 申請が通る条件とは

障害年金の問い合わせで一番多いと言われているのがうつ病です。気がふさぎこむなどの症状から就労が難しくなるケースでは、障害年金うつ病を受け取れます。申請に必要な最低条件のひとつは、うつ病の診察を一番初めに受けた日が厚生年金か国民年金の被保険者期間に該当することです。もうひとつの条件では、初診から前々月までに年金を収めた期間が年金加入期間のうち3分の2以上に該当しなければなりません。この期間には免除期間も含まれるほか、1年以内に年金を滞納している場合には条件を満たしていないことになります。障害年金では、対象となる病気や障害の重さで受給できるかできないかは決まりません。年金の支払い状況が条件に該当するのが大切です。また、国民年金の場合うつ病による障害の等級が1級及び2級に当てはまる人のみ受給が可能です。3級のうつ病の症状によって労働に支障が出ている状態に該当する場合、厚生年金に加入している人は受給できますが、国民年金の加入者は支給を受けられません。加えて、うつ病と似た症状があっても神経症の場合では障害年金うつ病を受け取れないので、医師の診察内容をよく確認しましょう。精神病の症状がある場合に、気分や感情の状態や程度に合わせて等級が認定されます。

障害年金うつ病の受給者に該当する場合、就労していると申請が通らないか、受給が停止すると考える人も少なくありません。確かに、勤務している人は仕事をこなせる程度の軽い症状と判断されるケースもあるでしょう。精神疾患による障害年金の支給では就労が重要視される部分はあります。しかし、障害年金うつ病の等級判定には就労条件を考慮すべきとのガイドラインが含まれているのです。対象者が職場でうつ病によってどのような支障をきたしているか、どのような援助を望めるのかなどが判定に含まれます。就労しながら障害年金を受給したいなら、病歴及び就労状況の申立書に整合性を持たせた上で、細かな就労状況を記載するのが大切です。より具体的な症状や日常生活や就労の状態を申し立てるには、3年や5年ごとに期間を区切りながら記載してください。初診日からうつ病の病歴が長すぎて憶えていない場合でも曖昧な記載をすると申請が通りません。うつ病は症状が長期間持続するケースが多く症状の度合いも変化するため、発病してから現在までの経過が判定で重要なファクターとなり得ます。医師の診断書では記載されない日常生活や就労状況を適切に伝えることで、就労していても障害年金を受け取れる可能性があるのです。

Copyright© 2019 精神病になった時に安心して利用できる制度 All Rights Reserved.