サイトメニュー

うつ病の時に頼れる存在

ハート

障害年金と社労士のメリットや効果

うつ病なら年間で概ね80万円ほど障害年金がもらえると分かっていても、その請求手続きはややこしく、受給のハードルは高いことでも有名です。しかも病歴申立書はツボを押さえて書き上げなければ審査に受かりにくいなど、うつ病を患っている状態で完璧に請求手続きを行うのはとてもむつかしくなっています。そこで、障害年金の給付を目指す場合は、社会保険労務士を頼るのが正解です。社会保険労務士は社労士とも呼ばれていますが、社会保険関連のプロフェッショナルなので、障害年金請求を安心して任せられます。自分で障害年金を請求した場合、そのストレスでうつ病が悪化し、言わば障害年金うつ病にもなりかねませんが、プロに頼めばそれを回避できるのがメリットです。もちろん、社労士に頼めば障害年金を受給できる可能性が高くなるため、その利点こそ社労士を頼る意義となっています。受給に成功すれば審査に落ちて落胆することがなく、障害年金うつ病にならずに済むのです。年金がもらえれば経済的にゆとりが生れますから、精神科でのうつ病治療を心が安らいだ状態で受けられるのも特長になります。素人では手に負えない障害年金請求も、社労士ならゴールへのプロセスと成功の秘訣を熟知しているため、先ずは相談から始めるのがおすすめです。

右も左も分からない状態で障害年金の請求手続きに着手した場合、書類を揃えるのが精いっぱいで、その内容まで気が回らないパターンも少なくありません。つまり不備があっても気づかないケースも多い訳ですが、社労士の協力を得られれば、書類上の細かな不備も発見してくれます。例えば病歴申立書もその1つであり、いくら文字数が多くても審査に関わる内容が薄ければ等級が下がったり、審査にパスできないこともあるのです。そのため社労士が不備を洗い出してくれる効果は大きく、結果的に障害年金の受給につながるので、障害年金うつ病に罹ることもありません。また障害年金請求では初診日が何時なのか、それを証明するのがとても重要であり、これが不明であれば請求そのものが困難になります。しかし、中には初診で訪れた精神科が移転して所在が分からない場合や、病院はあってもカルテはとっくに破棄されていたなど、患者側にはお手上げ状態のケースもあるのです。なので、その場合は障害年金をもらえる望みが断たれたストレスで、障害年金うつ病に進展するかもしれません。ですが社労士なら、そんな絶望的な状況からでも受給へとつなげられる道を知っています。そのほか掛かりつけの精神科医が障害年金の受給に積極的でない場合でも、社労士を挟めば円満に進められるなど、期待できる効果は数々あるのです。

Copyright© 2019 精神病になった時に安心して利用できる制度 All Rights Reserved.