サイトメニュー

精神病になった場合

頭を抱える男性

費用とその種類をよく理解する

最近はうつ病になる人が増えてきていますが、うつ病になった場合障害年金をもらうことを理解しておく必要があります。障害年金をもらう場合には、必ずしも怪我や大きな病気などで入院しなくてももらうことができるわけです。ただ、障害年金うつ病の場合には外からはなかなかわかりにくい部分がありますので、医者から障害年金うつ病のための診断書をもらわなければいけません。障害年金の診断書は、どれぐらいの費用がかかるか気になるところですが一般的には1000円程度のお金を支払うことで診断書を書いてくれます。診断書の費用は、保険が適用されることから3割は自己負担になりますが7割は国の方で負担してくれるでしょう。それ以外にも、障害年金をもらうためには費用がかかります。実は、障害年金をもらうためには診断書以外にもいくつかの書類を準備しなければなりません。この時、自分で知識があり書類を作成することができれば問題ありません。しかしながら、専門的な書類などもあるためなかなか自分で書類を作成するのは難しいでしょう。後で、社労士にお願いをして書類を作成してもらう方法もあります。社労士にお願いする場合保険等は一切かかりませんがおおむね30,000円から50,000円程度のお金を支払えば作成してくれるところが多くなります。

障害年金うつ病の場合には、いくつかの種類があることを理解しておくべきです。基本的に障害年金うつ病をもらうときに等級と呼ばれるものがあります。等級は、3段階に分かれており診断書等の内容によって判断が分かれてくるところです。例えば、非常に重度の場合には1級と診断されます。診断される場合にも一定の条件があり、要介護状態でしかも自分で生活をすることができず完全に介護が必要な場合には1級認定されます。一方で、2級の場合にはそこまで重度でない場合認定されますが、それでも自分で生活をすることが比較的困難な場合に認定されると言えるでしょう。3級に関しては、お金が出る場合と出ない場合がありますので注意しなければなりません。会社員などのように厚生年金に加入している場合には3級認定されてもお金をもらうことができます。しかしながら、アルバイトやパートなどで厚生年金に加入していない場合には3級認定されたとしてもお金をもらうことができません。2級以上の場合には、配偶者がいる場合や子供がいる場合もお金をもらうことが可能になります。本人が受給される金額のおよそ3分の1程度になりますが診断書の内容が適正でそれ以外の書類も十分な場合にはもらうことが可能です。そのため、家族がいる場合は家族の分の申請を忘れないようにする必要があります。

Copyright© 2019 精神病になった時に安心して利用できる制度 All Rights Reserved.